寛政元年創業 高田屋人形店

ECサイトへ

寛政元年創業 高田屋人形店

お正月

お正月

赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月を
「初正月」といいます。

わが国では古くからこの初正月を祝って、赤ちゃんの祖父母や、おじやおば、仲人、親しい友人などが、女の子には羽子板を、男の子には破魔弓を贈るという美しい習憤があります。

お正月の羽子板・破魔弓Q&A

羽子板はなぜ女の子のお守りなの?

お正月の羽板突きは、江戸の音から女の子の遊びです。そしてこの羽子板は、女の赤ちゃんの無病自災のお守りの意味も持っているのです。羽子板で突く羽根の玉、あの黒くて堅い玉は“むくろじ”という大木の種ですが、これは漢字で「無患子」と書きます。すなわち「子どもが患わない」という意味を含んでいるとも考えられるでしょう。また、昔は羽根の形をトンボに見立てて、トンボが蚊を食べる益虫であることから、お正月に羽根を突くと、夏になっても蚊に食われることがないと、長い間信じられてきました。こうして羽子板には、遠い昔から子どもの無事を願うあたたかい親心がこめられているのです。

破魔弓はなぜ男の子のお守りなの?

呼んで字のごとく、破魔弓はずばり魔除け、厄払いのお守りです。弓の的を昔はハマといいました。破魔弓はこのハマに漢字を当てはめたものです。同じようなものに神社の破魔矢や、棟上げの際屋根に立てる破魔矢があります。これらはいずれも弓矢の持つ霊の力を信じることから生まれた習慣です。

なぜお正月に関係があるの?

羽子板も破魔弓も、ともに古来からの行事であった新春の年占いや厄払いがその始まりです。男の子が弓矢で的を射て年占いをしたのがのちに破魔弓となり、また、女の子がお正月に羽根を突いて、その年の厄払いをしたのがのちに美しい羽子板を生み出したのです。

羽子板や破魔弓はいつからいつまで飾るの?

十二月の中旬以降に飾り付けたらよいでしょう。そしてお正月には、贈って頂いた方々を招いて、ご家庭でおもてなしするのもよい方法です。もちろん当日の主役は赤ちゃんです。しまうのは一月十五日頃がよいでしょう。それはちょうどこの頃、お正月飾りを焼く左義長(さぎちょう・どんど焼きのこと)の行事が行われるからです。江戸時代には、宮中の左義長風景を描いた極彩色の左義長羽子板というものがありました。これは、このお正月行事と羽子板との密接な関係を物語っているものといえるでしょう。なおこれらは、もちろんお正月だけでなく、ひな人形や五月人形の脇飾りとして飾ってもよいでしょう。

お節句の意義 -節目を大切に-

お正月飾り、三月五月のお節句飾り、そして七五三… どれも、子どもが無事に成長し、立派なおとなに育つようにという、人生の節目を祝うお祭りです。竹が節目を持ちながら強くまっすぐに成長するように、人生の節目々々を祝うのは古くからの日本のしきたりです。たとえ賛沢なことはしなくても、ぜひ心をこめて、各ご家庭でお祝いをしてあげて下さい。

store
店舗のご案内

住所 〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央1-8-8
TEL 043-222-2789
FAX 043-221-1887
営業時間 10:00~18:00
※土日・祝祭日も営業(夏期休業など季節により臨時休業日あり)
アクセス JR千葉駅東口より徒歩10分